お墓より安いのに、こんなにも豪華!新しいお墓の形の納骨堂とは?

nhap_cung

安くて楽々

car carrying the coffin

納骨堂とお墓の大きな違いは、やはり値段です。お墓は土地代や墓石代などを合わせていくと物凄い金額になります。平均で300万円ぐらい掛かります。立地によっては1000万円にまで膨れ上がることもあります。まぁ、さすがにそんな高価なところにお墓を持つ人は、そもそもお金に余裕がある人なので値段の違いなんて気にしてはいないでしょうが、一般家庭の人であればお墓の値段はある程度抑えていきたいですよね。だからこそ今は納骨堂が大人気なのです。
納骨堂の平均は50万円で、家族用であれば120万円くらいが相場です。この料金には永代供養代と戒名代も含まれています。かなりリーズナブルです。戒名料は平均で50万円くらいであることが多いです。良いものを付けてもらおうとすれば100万円に達します。そんな戒名代が最初から含まれているのでお金をなるべく抑えたいこちらからすれば非常に助かります。永代供養とは、こちらに跡継ぎが居なくなったとしても、責任を持って供養をし続けてくれるというものです。納骨堂を利用するには別途管理費を払う必要があり、それが払えなくなったとしても、合祀として永代供養をしてもらえます。
納骨堂は屋内なので雑草などの手入れが必要ありません。そしてお参りに必要なものは全てあちら側が用意してくれているので、こちらは手ぶらで大丈夫なんです。雑草の手入れなんかはお年寄りには特に厳しい作業です。夏場であれば日差しからも耐えなくてはならないので大変です。そういった苦労を納骨堂であればする必要がないのです。